中共收買克林頓使其同意分享出美國彈道導彈技術 中共已將武器及其相關技術轉讓到了伊朗等國家(日文Japanese+中文Chinese+英語English)

日文標題 中国共産党はクリントンを買収し、ICBMの技術情報を共有することを同意させ、その後武器と関連技術をイラン等の国家に譲り渡した

翻譯:Sally(沙莉)🇯🇵 校對:风花雪月 視頻:文菠蘿 文稿:yuyu(文悠)

內容簡介
克林頓在1999年通過商務部,允許蘿拉空間系統公司(SSL)的彈道導彈技術與中共分享。 他取消了國防部在第三方共用技術上的責任,並將其交給商務部處理。 導致中共使用這些技術來改善短程彈道導彈、中程彈道導彈等,這些導彈威脅到駐紮在日韓的美國部隊及該地區盟友。

中共將這些武器及相關技術,提供給潛在的美國敵對國,伊朗、巴基斯坦等,加劇了地區動蕩。在克林頓政權時期,中共將軍帶著裝滿現金的袋子走進了白宮,於是中共國得到了WTO最惠國待遇;克林頓的好友伯納德·舒瓦茲,蘿拉(Loral)的總裁,對中共出賣了美國的國防機密,中共又提供給了北韓、巴基斯坦、伊朗等,令他們加強軍事,這就是現在歐亞國家聯合的原因。

1999年クリントン大統領は商務省にLoral Space Systems(SSL)の弾道ミサイル技術を中共と共有することを許可した。彼は国防部が第三者との技術共有する責務を取り消し、商務部に委ねた。中共はこの技術を使って短距離弾道ミサイル、中距離弾道ミサイルなどの技術改善することになった。これらのミサイルは日韓駐在の米軍部隊およびその地域の同盟にも脅威に与える。

中共はこれらの武器と関連技術を米国の潜在的敵対国イラン、パキスタンなどの手に渡した、それによって地域の不安要素を増大させた。クリントン政権時、中共の将軍が袋いっぱいの現金を携えてホワイトハウスに入った。それでWHOの最恵国待遇を手に入れた。クリントン大統領の親友バーナード・シュワルツ(Loral の総裁)は中国に米国の国防機密を売った。中共はまたその技術を北朝鮮、パキスタン、イランなどに提供した。それによりそれらの国々は軍事力が強大になった。これはユーラシア諸国が連合する原因となった。

0
0 則留言
Inline Feedbacks
View all comments