耶魯大學流行病學教授 哈威·里施博士談羥氯喹對病毒作用和相較於疫苗其目前使用價值(日文Japanese+中文Chinese+英文English)

日文標題 イェール大学教授 ハウィ・リッチ博士はHCQのCCPウイルスに対する抑制作用とワクチンの効果を比較する

翻译:瓜子校对:Sally(沙莉) 视频:Sam 曼莉(#字幕组) 文稿:yuyu(文悠)

視頻簡介
大量使用羥氯喹的國家,死亡率遠低於不使用的國家。經研究發現,服用次數越多,感染風險越低;而對已確診感染者,服用的越多,死于感染的可能性越低,充分顯示了羥氯喹的預防和治療效果。通過對因類風濕關節炎而服用羥氯喹的患者取證,發現每週僅攝入250mg也有預防作用。 研發疫苗需要時間,目前仍然沒有看到有希望的疫苗,已開發的疫苗還有很多副作用需要解決,但死亡人數每天都在增加。現在只有羥氯喹能帮我们度過難關,鋅的補充可以抑制病毒,羥氯喹有助於鋅離子進入細胞。所以近期而言,使用羥氯喹比疫苗更乐观。

HCQを使用しない国よりHCQを普及する国の方が死亡率はずっと低いです。研究結果によると、服用回数が多ければ多いほど、感染率は低く、感染者に対し、服用量が多ければ多いほど、死亡する可能性が低いですので、HCQは十分な予防と治療効果があると証明しました。関節リウマチ患者に毎週250mgのHCQを服用させる研究結果から、予防効果もあると証明した。ワクチンの開発には、時間が掛かります、今までまだ有力なワクチンが見つかりませんし、もう開発したワクチンは副作用がとても多いです、しかし死亡人数が毎日増加してます。この災難を乗り越える為、HCQを使用するしかありません、そして亜鉛の補給もウイルスを抑える作用があります、HCQは亜鉛が細胞に入り易くなる助けになります。目前に対し、HCQの使用は一番適切です。

0
0 則留言
Inline Feedbacks
View all comments