米国土安全保障省長官がアメリカの最大の脅威は中国共産党だと強調

【日本大阪方舟农场】翻译:海椒老哥&文拓

今日、私たちの平和と繁栄に対する脅威は主に中国から来ている。ここではっきりしたいことは、中国の脅威というのは、北京の指導者ことだ、中国人ではない。中国人民は自国政府からの弾圧や集権支配を受けている。

中国共産党は、共産主義を指導思想とし、それを時代とともに発展させた。旧ソ連のイデオロギーは中国で盛んになっており、中国共産党は、自由経済と民主的な世界秩序を政治とイデオロギーの脅威と見なし、彼らは自分の理念に基づき、世界秩序を再構築し、計画経済と集権統治を行おうとした。

即ち、中国政府は自分が勝負を決める世界を構築しようとした。全ての政策決定は、中国共産党政権を守るだけであり、中国人民のためではない。このようなイデオロギー上の思考パターンを理解することが大切だ。それは中国共産党の行動を駆り立てているからだ。

彼らは、私達アメリカの国土において、米国経済や国民及び我々の生活様式を脅かしている。更に、彼らは卑劣な手段で西側諸国の安定を覆そうとしている

中国は不公平な競争だけでなく、国際秩序をも損なおうとしている。

中国は正式な戦場で(堂々と)私達に対抗しない。密かに虚偽的な情報を展開し、プロパガンダで内部から私達を分解しようとした。今日に至って、その結果は、全ての米国民が懸念すべき状況となった。

中国共産党の一極集中思想と中国の悪意的な攻撃と関連し、彼らは同じ哲学理念を前提としている中国共産党は、目的を達成するために手段を選ばず、その過程で誰が傷づけられても構わない。

世界の億万の人々がコロナウイルスの脅威に直面し、そして中国人が抑圧され、彼らは自由に出産すらできず、信仰を実践することもできない。更に政府の非人道的な迫害への恐怖から、自由な発言もできない。

このイデオロギーは、実行動の中で、中国のアメリカ戦略も決定された。最もわかりやすく言うと、中共国は極端的な集権国家だ。中国共産党の集中的な政治、科学技術、経済力、資源、工業の独占、人権と尊厳をも無視する、大衆は政府からの迫害を恐れている、これらの特質が統合すると、中共政権は米国と世界に対する甚大な脅威となった。 これらの特質も、中共に自由民主の価値観を破壊する能力をも備えた。自由と平等、誠実さと透明性も含まれる。中共政府は既に米国の国土、国民の政治、経済、文化に対し、全面的な攻撃を初めた。これらの攻撃を認識し、中国共産党の本質を弁え、彼らに反撃した時がきた。

参考サイト:https://youtu.be/Yp1uOe1-kA0

+1
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments