国民英雄木蘭は、ハンター・バイデンの股下の遊び道具

作者:長江(ヒマラヤ東京櫻花団)  和訳:知澄(ヒマラヤ東京櫻花団)

https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/10/28085912/%E7%94%BB%E5%83%8F33-3.jpg

今の中国社会において、女性は体を売ることによる利益の獲得は取り上げるほどのことではない。体を売ることより、貧しいほうが蔑視される風潮がある。みんなが慣れていたように、女性芸能人は官僚の愛人であるネタについても騒ぐほどのことではなく、女性芸能人は官僚と金持ちの専属品に過ぎないと思う人が多く存在する。劉亦菲さんのあらゆるスキャンダル報道を見て、我々の心と認識のベースラインは又もう一段下げられた。中共は女性を道具として、もてあそぶ手段もさらにグレードアップした。

美人薄命という言葉がある。若い時の劉亦菲さんのお母さんは、一般人の想像をはるかに超えるあらゆるセクハラと脅迫を経験した。女性として、美しい愛情と温かい家庭への憧れはだれでもあるだろう。しかし、美しくて若い女性は官僚の独占欲から逃れるのが至難の業だ。貞操を失った女性は真実の愛を得る確率がどのぐらいあるだろうか。シングルマザーの道を選んだ劉亦菲さんのお母さんは、きっとあらゆる苦難を経験しただろう。彼女はその後、現実から逃げたく故郷を離れた。

https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/10/28090027/%E7%94%BB%E5%83%8F1-27.jpg

劉亦菲さんは、お母さんの懐に抱かれた写真を見て、幼い彼女の存在はきっとお母さんの支えであり、お母さんが勇気付けて生きていく信念であると感じる。劉亦菲さんを守り、良い生活環境と明るい未来を作ってあげられるために、お母さんも本心に逆らう行動をした。世の中のお母さんの心は優しくて強いものだ。

https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/10/28090142/%E7%94%BB%E5%83%8F2-21.jpg

美しく成長してきた劉亦菲さんは、お母さんの後塵を拝し、深淵に落ちてしまった。官僚と金持ちのおもちゃと道具になった。劉亦菲さんもきっと美しい恋をし、温かい家庭を持ちたいに違いない。しかし、中共は彼女の夢をつぶし、変態性欲を持つハンター・バイデンさんに捧げた。ハンター・バイデンさんが踏みにじった犠牲者となった。目に入れても痛くない、大事に育ててきた劉亦菲さんのこの状態を目にしたお母さんは、だれよりも悲しいのが事実である。美しく成長してきた娘は、他人に弄ばされ、ストレス発散の道具となった。これらのすべては人民の公僕を自称する中共の仕業である。中共官僚の娘らみんなまともな職につくものの、一般国民の娘を含め、劉亦菲さんのような芸能人であっても、中共官僚からみるとただの道具にすぎない。中共は自国民を人間として扱わず、必要に応じて、取引対象として使ってもよいと認識している。

劉亦菲さんとハンター・バイデンさんの卑猥な映像を目にしたときは、母親として、中国国民として莫大な悲しみを感じていた。中共を倒さなければ、更なる女性が幸せ且つ平和な生活を失ってしまう。中共を倒さなければ、更なる惨めな境遇にある子供を見守った親の心が裂けそうになる。中共を倒さなければ、国民が自由平等な生活は永遠に訪れない。

原稿リンク:https://gnews.org/zh-hant/493162/

(校正:定於二尊/ヒマラヤ東京櫻花団)

+4
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments