「ハードディスクゲート」、ただアメリカ人のエレジーか?

作者:秘密翻訳組  和訳:旭鵬(文鵬)(ヒマラヤ東京櫻花団)

2020年9月24日、路德社は、世界で初めて「3つのハードディスク」を爆料。 簡単に言えば、1つ目はバイデンの汚職の証拠(これは急速に悪化しており、恐ろしい内容が漏れ続けている)、2つ目は海外で生まれた不法な子供を含む中国共産党の最高レベルの「遺伝子プロファイル」、そして3つ目は、現在数え切れないほどの人々を殺戮している超限生物化学兵器である。

現在、最初のハードディスクの周辺で明らかになっているのは、ハンター・バイデンの一連のポルノ画像やビデオクリップであり、これらには多くの情報が含まれている。個人的な角度では、彼の自宅での近親相姦、中国大陸での様々な年齢の女性とのセックスの背景(他の国ではまだ暴露されていないが)、当時の薬物中毒や犯罪の非人間的に特異な心理など、シンプルに紐解こうとしている。

彼は誰と何処で、何を契約したの? 現在、BHRパートナーズで公開されているのは、数少ない資料だけであろうか? 彼が代表を務めるアメリカの売国奴や中国共産党のクレプトクラシーは他に何をしていたのだろうか? ハードディスクの数は決して「3」ではなく、「3」は虚数である。 バイデン関連だけで47個もあるんだ! そして、まだ明らかにされていない、ヨーロッパなど多くの国の「バイデン」たちも含まれていない。

全世界の総計70億人の人類は、今物質・技術・情報が極めて高度に発達し、民間の宇宙大手スペースXが台頭し、速達という数秒の間インターネットで商品を購入できる表面的な綺麗さで、大衆を虚構に近い興奮に浸らせて、自ら抜け出すことができなかった、人類の善良さと融和性は知らずの内に、ひそかに世界を食い荒らす赤い悪魔のような怪物、中国共産党を育て、世界を丸飲みにしている。

四大文明古国の一つから生まれた中共は、二千年の帝王の権謀を継承し、少数の既得権益者を嘘と殺戮で14億人民の上に高く置いた。高いファイアウォールを建て、庶民を囲い、目には国法がなくて、いかなる人類のアンダーラインもなくて、「改革開放」の旗印のもと、国民の骨髄を吸い取りながら、恥知らずなアメリカの政治家を買収するために給付金を出し、全人類をしっかり握っておくことで、少数の家族の果てしない欲望を満たすことができると考え、証拠を残していく。

今ハードディスクゲートの真相が徐々に明らかになってきた、ハードディスクはアメリカの複数の部署に送られていた:これには司法、行政、メディアも含まれるが、あえて沈黙を守り、目をつむり、耳をつんざく者もいる。ツイッターやファウチに代表される科学界、ローマ教皇に代表される宗教界、そして良心を失って金を払えば「ダディ」と名乗るどこにでもいるメディア界は、「蓝・金・黄」(BGY)で中共により一網打尽されてしまった。中共3 Fの米国の野心は歴然としている。中共は2003年にバイデンに接近したと報じられ、二つの悪魔は即意気投合した。世界はすでに郭文貴氏が2017年に警告したように、「暗黒に陥る」のは久しいのだ!

本日10月25日(米国東部標準時)、路德社は、2016年4月4日のバラク・オバマ前大統領のホワイトハウスでの密謀写真を再び世界初公開している。世論の津波は必ず米国の有権者の新たな波を率いて、正義の事業を次々と推進していく——共産党を滅ぼす。

おそらく、最初のハードディスクからすでに出てきた確かな証拠に基づいて、二番目のハードディスクには又誰が中共の為に試験管ベイビーを提供したのか?2018年11月27日に中国の科学者賀建奎氏の研究室から出てきたシャーレには、遺伝子編集された胚が含まれていたことを考えてみよう。また、マレーシア航空では国際的に有名な腎臓病の専門家黎磊石が姿を消した。梁山に追い詰められた閻麗夢博士……

三番目のハードディスクに含まれる「超限生物兵器」。郭文貴氏は、アメリカから提供された技術がなければ、中共は今の「コロナウイルス」を作ることができない。それでは誰が、どんな条件で中共に設計してあげたか?その結果、今日では世界で4000万人の感染症が発生して、115万人の死者が出た!

天は私に何と残酷なことを! 郭文貴氏と爆料革命、バノン氏、トランプ大統領、ジュリアーニら正義の勢力はもちろん、中国共産党も彼らの対外的な「究極の文明の戦い」を繰り広げようとしている!人類の文明は、人間を奴隷に変えるかという重大な岐路に立っている。千年前、中国の少女李寄は巨大なニシキヘビを殺すために彼女は剣を使っていた、今日、実在の英雄たちもまた、「ハードディスクゲート」の正義の戦いを通して人類文明の分水嶺の選択をすることになり、世界は悲しみの歌から解放されるのだ!

(校正:定於二尊 /ヒマラヤ東京櫻花団)

+8
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments