米参議院オンライン可視化公聴会における通信大手三社CEOとの戦い(一)

和訳:tomato、魔女peace(ヒマラヤ東京櫻花団)

この機会を下さったことを議長様に感謝申し上げます。この度は3人の証言者がこの委員会におります。まとめて言うと貴方達の会社の所為はアメリカの最高の言論の自由に対する、そして公平で自由な選挙に対する一種の脅しだと思っています。

昨日私は十分な時間をザッカーバーグさんとチャイさんとお話しすることに費やしました。彼ら両方の会社の態度に疑問を覚えています。私はここにFacebookは最低限の言論の自由を守る努力はしていることに感謝申し上げたいと思います。またGoogle、クロブチャー上院議員が提起した疑問に同意を示します。

私はGoogleが地球上の他のどの会社よりも力を持っていると思っています。また、Googleによる長い間のインパクトから見れば独占禁止法への懸念はあります。なので、その意欲的な検索結果の操作による選挙への影響については、これからも議論が続いていくことと思います。

ただ今日はTwitterのドーシーさんへの質問に集中しようと思います。なぜなら私たちの前の3人の中でもTwitterの行動は群を抜いて最も悪質だったからです。

ドーシーさん、Twitterは選挙結果を揺るがすほどの力を持っていますか?(答え:いいえ)

あなたはTwitterが選挙結果を揺るがす力を一切持っていないとお考えですか?(答え:はい、私たちはコミュニケーションツールの一部分でしかありません。)

あなたはたった今この委員会にTwitterが人々の沈黙を強い、人々を検問し、政治的投稿をブロックすることは全く選挙に影響を及ぼさないと証言しているのですか?(答え:人々には他のコミュニケーションツールを使う選択肢があります。)

もしあなたがTwitterが選挙に関係しないと思うのなら、投稿を検問しブロックするのはなぜですか?(答え:私たちにはよりたくさんの声が届くように他の人を黙らせ引き離す悪口やハラスメントにフーカスしたポリシーがあります。)

ドーシーさん、私はあなたの冒頭の質問での回答に、彼らは馬鹿馬鹿しいと感じているように見受けられました。さて、この2週間についてお話ししましょう。あなたも知っているように私はTwitterのアメリカ人個人に対する検問パターンについて長い間疑問を持ってきました。2週間前、TwitterとFacebookは我が国で基本的なラインを超えました。2週間前Twitterはニューヨークポストの多く拡散された二つのジョーバイデンの腐敗を証明する記事を検問するという不平等な決断をしました。一つはウクライナ、二つ目は中国共産党に関するものでした。そしてTwitterはどのユーザーもそれらの記事を拡散することができないようにしました。また、あなたはさらにニューヨークポストが彼ら自身の記事を投稿することさえできなくしました。なぜTwitterはニューヨークポストを検問する決断を下したのですか。(答え:私たちはハックに関するポリシー…)

いつそれは導入されましたか(答え:確か2018だったと思います)

2018ですね、どうぞ、どんなポリシーでしたか(答え:それはハッキングが可能であろう投稿を制限するものです。我々はハッキングの標的にされたくはありません。我々がニューヨークポストを見つけたのはそれらがどこから入手したのかわからないスクリーンショットでこのポリシーに反するかもしれないとなったからです。)

ではあなたの見解はもしそれがどこから得られたかわからないドキュメント、今回だったらニューヨークポストが言っていたパソコン修理屋さんに出されたハンターバイデン自身のパソコンでどこからの情報なのか包み隠してはいなかったですが、それでもあなたは情報もとがわからないからブロックしたというのですか(答え:いいえ、全く、我々のチームは迅速な決断を下しました。それがそのURLをツイートやDMでブロックしたことです。それは間違いだったと思っております。そして訂正しました。)

2週間後の今日ニューヨークポストはいまだにツイートをブロックされています。(答え:はい、彼らは再度ログインして以前の我々がとった検問に関する投稿を全て消すことで今は全く同じ投稿を再度することができます。)

(続き)

+6
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments

xbwen7m

10月 30日