【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例5:超限遺伝子戦争(その三)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例5:超限遺伝子戦争(その三)

使用目的は軍事用範囲を超える ……世界戦争が起きてない場合、現代遺伝子兵器の目的は軍事用ではなく、恐怖を起こすや脅迫をするため、政治と地域や国際戦略の需要のためである
【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例5:超限遺伝子戦争(その四)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例5:超限遺伝子戦争(その四)

人類の健康に関わるだけでなく、政治的、軍事的、経済的なダメージがあり、時間の面では、それはかなり長くなる可能性が高い……長いのは数年、十数年、数十年、あるいはそれ以上の期間、排除または根絶するまで続くだろう
【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その三)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その三)

中共の党史がそのナチス化思想を認め、ナチス・ドイツや現代文明ドイツと中共のナチス化の間にある「共通点」を見出そうとしていることは否定できない
【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その2)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その2)

中共がグローバル支配のネオチスの侵略行為を発動し、世界が中共の超限戦生物兵器の攻撃下で延べ1.95億人の感染者数((2月20日迄)を出したにもかかわらず、未だに西側諸国は軍事的な反撃が見られないのだ
【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その1)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例4:全体主義と嘘(その1)

中共の嘘は、イデオロギーやイデオロギーによって形成されたスローガンに隠されており、全ての理念が、その完全犯罪心理を隠すために提案されている
【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例2制度の優位性(その二)

【戦雲長天時評】中共は「完全犯罪」理論の実践者–事例2制度の優位性(その二)

超限戦生物兵器を使って攻撃するメリットというのは、中共がこの武器でまず自国民を攻撃(人体実験)、自国民が堪え忍んでくれるからだ。それから西側諸国を攻撃する。だから、西側諸国への打撃は中共自国より大きい