音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 京城小伙儿

6月23日、中国共産党は台湾の防空識別圏に侵入するため22機を出撃させ、台湾空軍は航空パトロール隊を派遣して排除放送することで対抗しました。

これは、今年に入ってから共産党軍機の1日の出撃回数としては4番目に多く、中華民国国防部の公式サイトの「現在の軍事動向」欄で23日、中国共産党軍機に関するニュースが発表されました。共産軍機22機が台湾の南西防空識別圏に侵入、うち2機が台湾南部と南東部の領空に侵入しました。

台湾空軍司令部によると、空軍は航空パトロール隊の派遣、撃退の放送、対空ミサイルによる追跡・監視などで対応したといいます。これに対し、米国は北京に対し、軍事的、外交的、経済的に台湾に圧力をかけ、脅迫することをやめるよう求めました。

テキスト版:中国軍機の台湾防空識別圏に侵入への警戒が必要

編輯:ヒマラヤ東京桜団 /煙火1095
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /文米