音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 京城小伙儿

『ニューヨーク・タイムズ』は最近、中国共産党が全体主義的な統治を維持するために、生体認証、DNA、携帯電話の追跡技術をかつてない規模で使用して個人情報を収集し、世界最大のDNAデータベースを構築しているという調査報告を掲載しました。

調査チームは1年以上かけて、10万枚以上の中国共産党の入札公文書を分析し、北京の監視能力を掘り下げました。これには本文のレポートに加え、モニター、携帯電話、DNA、声紋、虹彩など、人々を監視するためのチャンネルをまとめた約14分の音声とビデオ映像が添付されています。

公開情報によると、世界の約10億台の監視カメラのうち半分以上が中国にあり、公安部門は公共の場所に設置するだけでなく、個人の企業や住宅にも監視カメラを設置しています。

テキスト版:中国 5億台の監視カメラで国民監視

編輯:ヒマラヤ東京桜団 /煙火1095
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /文米