音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 京城小伙儿

現地時間6月20日、中共が米国を対象に継続的なサイバー攻撃を行っており、米国側はハッカーが中共の指示を受けて行動していると表明した。米国の安全保障機関は、中共のハッカーが世界中の主要な通信会社を攻撃していると警告した。

サイバーセキュリティ関係者は、中共が支持しているハッカーが世界大手通信会社を攻撃することは、世界中の国々が政治的利益を得るためにサイバー戦争に依存している事実を裏付けたという。中共は、世界のすべての国を合わせた数よりも多くのサイバーハッキングを行っており、中共はサイバー戦争を起こして、欲しいものがいかなる代価を払うことも惜しまない。最近では、台湾問題をめぐる米中関係の摩擦もあり、今回の攻撃は多方面から情報を得るための行為である。

サイバーセキュリティ担当者は、通信業界のやり方がパートナーや通信事業者に依存度が高く、中共のハッカーが関係する複数のシステムに簡易に侵入できると指摘した。ある通信事業者がサイバー攻撃の標的になった場合、業界全体や消費者に多大な影響を与える可能性がある。また、通信業界とFCC(連邦通信委員会)は、対抗するために運用上の技術的セキュリティと信頼関係に力を注ぐべき。

テキスト版:中共ハッカーが世界の大手通信会社を攻撃

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin