音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 京城小伙儿

画像引用元:biography

百年に渡る米国の繁栄と発展の歴史において、米国の運命と密接に関わったモルガン一族を避けて通ることはできない。モルガン一族は、米国と世界の金融、銀行、ビジネス、政治を支配する金融帝国である。モルガン·スタンレーとJPモルガン・チェースは、共通の祖先であるジョン·ピアポント·モルガン、通称J.P.モルガンに由来している。

J.P.モルガンは、モーガン家の金融·銀行王朝のリーダーで、世紀末には米国で最も著名な実業家だった。J.P.モルガンは電力、鉄道、鉄鋼、鉱業など、さまざまな産業の経営モデルを再構築した。

J.P.モルガンは「歴史を動かすのは法律じゃない、金だ、金だけだ!」という名言がある。​​アメリカの歴史上、二度、国の危機が瀕した際、J.P.モルガンは救いの手を差し伸べアメリカを救ったことがある。1893年米国経済の大不況の中で、米国政府の金準備高が不足し、破綻しそうになった時、J.P.モルガンは米国政府のデフォルト(債務不履行)を防ぐために、金という物理的な支援を間に合わせたのである。1907年米国の金融市場が崩壊した時は、米国を離れていたJ.P.モルガンは、すぐに戻って事態を主宰し、まず個人資金を投入して、アメリカ政府の足元の火を消した。そして、自分の図書館で他の金融家たちを集め、市場の需要を確保するための資金を注入するよう要求した。J.P.モルガンはその行動によって、責任感のある愛国的な銀行家であることを証明したのである。その後、「常に救世主モルガンがいるとは限らない」とアメリカ政府が危惧したため、連邦準備制度が誕生した。

中共と世界の闇の勢力がウイルスワクチン攻撃を仕掛けた今、各国の通貨の切り下げ、グローバル金融·経済大不況は必ず起こるだろう。モルガン一族はまた立ち上がり、新中国連邦の創設者である郭文貴氏と手を組み、Gシリーズ、Gettr、Himalaya Exchangeを作り、デジタル通貨Hcoin(Hコイン)の発行とHpayの立ち上げを成功させた。厳格なKYC基準を用いて新たなデジタル通貨システムを確立し、世界経済を立て直すため、金融崩壊に備え万全な準備をした。

2022年6月4日、新中国連邦設立2周年記念式典に、モルガン夫婦は郭文貴氏とともに登場し、モルガン夫人は郭文貴氏のインタビューを受けた。郭文貴氏は新中国連邦の戦友たちを率いて、中華民族を千年の独裁から解放し、自由と民主、法の支配を実現しようと行動は、世界財団によって支持されていることが、現場で証明された。

テキスト版:モーガン一族はアメリカの歴史を動かすエンジン

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /文米