音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 京城小伙儿

台湾の半導体産業は常に中国の機密窃盗の標的であり、大陸の投資家は常に偽の外資を使って台湾で機密窃盗の人材を集め、近年は香港・マカオ資本を外資と同一視する台湾政策に乗じて、大いに台湾に進出してきました。

台湾政府は、半導体産業の競争力を確保するため、「香港・マカオ条例」を改正し、香港・マカオ資本を外資と同一視する政策を廃止することで、中国の機密窃盗ルートを断つ計画です。

今後、外資に相当する香港・マカオ資本の優遇規定が廃止された後、台湾へ投資しに来る香港・マカオ資本は、大陸人と同様の関連政策が適用され、株式保有または出資が30%を超える、或いは会社を支配する能力がある限り、投資申請が却下されることになります。

テキスト版:台湾、中国の秘密窃盗ルートを断つ条例

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin