音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 京城小伙儿

外国メディア20日の報道によると、米国で5番目の生命保険会社であるリンカーン生命保険がミシガン州の保険金融サービス局に提出した記録では、2021年には18歳~64歳の現役中顧客に支払った死亡保険金は2020年同期比、10億ドル近く急増し、増加幅は163%にのぼったことが分かった。

OneAmerica保険会社スコット·デービソン(ScottDavison)CEOは、2021年の第3四半期に保険業界で顧客の死亡率が40%増加し、これは、保険業界で前代未聞の最高の死亡率だと述べた。2022年1月のアクチュアリー協会(SOA)の報告によると、2021年の第3四半期に生命保険の死亡超過請求は中共ウイルス(新型コロナウイルス)パンデミック前より37.7%急増したとう。

ワクチンメーカーのConnaughtLaboratories社が実施した調査によると、ワクチン副反応の報告件数は実情の2%未満だという。今年2月、ドイツのトップ保険会社のBKK ProVitaのAndreasSchöfbeck取締役は、現地政府への手紙の中で、社内データによると、ワクチン副反応による治療を受けた患者の割合は約5%で、ドイツ政府の報告数値より10倍であることを指摘した。

時間の経過と共に、ワクチン副反応は深刻化しており、ワクチンが市場に出回る前に、「ウイルスは前菜にすぎず、ワクチンこそ中共の真の殺人兵器である。」という郭文貴氏の警告を裏付けた。

テキスト版:米保険会社のデータ、2021年には18歳~64歳の死亡者数が急増

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin