音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 京城小伙儿

中国で厳しい「ゼロコロナ政策」が導入されて以来、厳しい国境閉鎖は既に2年以上続いており、3年目も継続される予定であります。 ゼロコロナ政策により、数億人の国民が一部または全部の封鎖を余儀なくされ、サプライチェーンの混乱が広範囲に及んでいます。 

中国経済は、景気後退の瀬戸際に立たされており、 在中国欧州連合商工会議所の最新の調査によると、中国本土で活動する欧州企業の約4分の1が投資先の国外移転を検討しており、この10年間で最も高い割合となりました。 投資先の移転を検討している企業のうち、16%が東南アジア、18%がアジア太平洋地域の他の国を検討していると回答しています。

テキスト版:中国 欧州企業の23%が撤退

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /文米