音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 京城小伙儿

2012年以降、海外で政治亡命を求める中国人の累計が73万人に達し、さらに17万人以上のチベット人が難民としてインドで生活しています。 2012年に習近平主席が中国の最高指導者になったとき、1年間で約1万2000人の中国人が海外に亡命を求めましたが、2019年はこの数字が10万人を超え、2021年は、政治亡命を求める人が胡錦涛政権の8年間の合計の数より多くなりました。 

海外に政治亡命を求める中国人の数が毎年増加傾向になっていることが、習近平主席の「チャイナドリーム」による統治モデルが、自国民に受け入れられていないことを意味しています。

テキスト版:海外で政治亡命を求める中国人が過去最多

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /文米