音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 京城小伙儿

海外メディアによると、融資プラットフォームのセルシオがユーザーの出金と送金を停止したことに続き、同じく香港の融資・取引プラットフォームのペイパルファイナンスが6月17日、最近の激しい市場の変動と業界内の一部の金融機関での連鎖したリスクにより、すべての口座出金と取引売買を一時に停止するという発表を出したという。

2018年に設立されたPayPalは、月平均80億ドルの取引を行うポートフォリオを持つことで知られており、2022年5月上旬には、Zoo Capital、Sequoia Capital China、Dragonfly Capital、Tiger Global Managementなどの投資ファントが主導するシリーズAラウンドで4000万ドルを調達していた。

多くの国の経済見通しが不透明であることが、デジタル通貨分野にさらに影響を与え、市場の悲観的な見方を誘発していると分析されている。 世界的なインフレ率の上昇は、従来の通貨市場や暗号通貨市場に大きな圧力をかけている。 暗号通貨取引所が相次いで出金・入金機能を停止したことも、現在の暗号通貨市場の崩壊はまだ始まったばかりだという懸念に拍車をかけている。

テキスト版:「PayPal Finance」、ユーザーの出金を一時停止

編輯:ヒマラヤ東京桜団 /煙火1095
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin