翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 老黑

外国メディアの報道によると、6月21日から施行される「ウイグル強制労働防止法」は、中共国の新疆ウイグル自治区からの製品の輸入を禁止することになる。輸入者が「強制労働によって生産されたものではないことを証明」できない限り、商品の米国への入国は禁止される。これは、すべての輸入品に適用される制限である。

数人の米国会議員は、この法案は、世間に奴隷労働者を使用し、人道に対する罪を犯している中共との協力をやめるという明確なメッセージを発したと表明した。

「ウイグル強制労働防止法」の影響を受けて、米税関・国境警備局の職員らは、火曜日から、新疆ウイグル自治区から米国の港に入るすべての貨物の輸入を禁止する。税関·国境警備局は、新疆ウイグル自治区からのすべての商品が強制労働を伴うと推定する法律の「反証可能な推定」メカニズムを実施する準備ができていると述べた。つまり、新疆ウイグル自治区のすべての商品は、強制労働が関与していないことが証明されない限り、強制労働の下で作られていると見なす。ところが、免除を取得するためのハードルは「非常に高い」。さらに、米国、英国などの多くの国々は、国連の下にある国際労働機関に、中共国の新疆ウイグル自治区における労働者虐待の疑いのある実態を調査するために、調査チームを設立するよう要請した。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京櫻花団 / 麗子
編輯:ヒマラヤ東京櫻花団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京櫻花団 / 平安卿卿