翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 盖特第一批注册

最近では、ルクセンブルク議会、チェコ下院の外交委員会、英国下院の外交委員会が、台湾との友好を示す決議や動議、書簡を通じて世界保健機関などの国際機関への台湾参加を支持している。

5月17日、ルクセンブルク議会は、台湾とルクセンブルクの関係を強化するため、台湾が世界保健機関の専門会議のオブザーバーとして参加することを支持することを含む、初の台湾寄りの動議を可決した。チェコ下院の外交委員会は5月19日、国際貿易機関、国際民間航空機関、世界保健機関などの国際機関や活動に台湾が参加することを初めて支持する決議を採択した。同日、英国下院外交委員会のダガン・ハン委員長は、初めてWHOのテドロス事務局長とジャビット英保健相に書簡を送り、G7とWHO加盟国の推薦により、台湾の世界保健総会オブザーバーとしての資格の復活と第75回世界保健総会への出席を強く要請した。

また、第75回世界保健機関総会が5月22日から28日までスイスのジュネーブで開催される予定である。16日までに、WHOは13の加盟国から台湾の参加を認める提案を受けた。しかし、19日現在、台湾はまだWHOから招待状を受け取っていない。WHOは、5月23日に決定するとしている。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /老黑