翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 /TAICHI文極

バイデン大統領は木曜日、大統領専用機エアフォースワンに乗り込み、5月20日から24日までの4日間にわたって、アジア太平洋地域への初の訪問を皮切りに、韓国の尹錫悦新大統領および日本の岸田文雄首相と二国間会談を行います。バイデン氏は来日中、オーストラリア、インド、日本の首脳と「4カ国安全保障対話」の首脳会議を開催する予定です。バイデン大統領にとって就任後初めてのアジア歴訪となります。

バイデン氏の今回の歴訪の焦点の一つは、4カ国安全保障対話です。日本、アメリカ、オーストラリア、インドを含む非公式な地政学的組織は、インド太平洋地域における中国共産党の経済、外交、軍事力への対抗に重点を置いています。韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)新大統領は、韓国を当組織に参加させ、四者会談を五者会談にという選挙公約を実行に移そうとしています。

元アメリカ政府のアジア専門家であるエヴァン・メデイロス(Evan Medeiros)氏はロイター通信に対し、バイデン大統領の「アジア歴訪の核心は東アジアにおける同盟ネットワークの構築」であり、一部は台湾に対する中国共産党の動きに対抗するためでもある。と述べました。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / MAMORU
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / eiei
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p