翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 励志人生

現地時間5月12日、米ダウ平均は続落し、ツイッター株価は4月下旬以来13%近く大幅に下落し、45.08ドルで取引を終え、イーロン・マスク氏が4月27日に提出した54.4ドルの買収価格を大幅に下回った。

5月13日、イーロン・マスク氏はソーシャルメディアツイッターと440億ドルの買収取引を一時的に棚上げし、迷惑メールや偽造アカウントに関する問題はまだ確定していない理由だと述べた。

これに先立ち、イーロン・マスク氏がツイッターの5%の株式を取得してから10日以内に外部にこの事実を公開しなかったようだという事実が米メディアで明らかになった。SECはイーロン・マスク氏の発表遅延によって、間接的にツイッターの株価上昇を抑え、最終的には買収価格が低くなる疑いがもたれている。このためSECはイーロン・マスク氏がツイッターを買収する過程で違反行為があったかどうかを調査に乗り出している。

郭文貴氏はGETTRライブ配信でイーロン・マスク氏のツイッター買収は実現できない取引だと示唆した。また、今回の買収事件は再び郭氏の優れた情報収集能力を証明した。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p