音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 戦友520

人類の未来に対するAI革命の影響はまだ始まったばかりである。人工知能技術は、さまざまな分野で技術の更新の波を引き起こし続けている。人工知能の活用が成功すれば、経済発展が強力に促進され、社会モデルが再形成され、人工知能の習熟度によって、どの国が次の世紀のルールを決めるかということになる。

中共は、人工知能の分野で米国と競争するために、組織的かつ体系的に計画された情報活動、人材採用、技術移転、外国企業への投資など手段を通じて人工知能技術を取得した。中国国内では、人工知能は中共政権を維持するため、一般の人々を監視するツールとして使用されている。 全世界で中共の独裁政権と覇権を確立するために、中共は多くの国で大規模なデジタルインフラストラクチャプロジェクトに投資し、さまざまな国の商業、政治、世論活動を監視し、中国人を監視して奴隷化するインテリジェントな技術を全世界へ輸出している。

世界の民主主義国家が人工知能分野の競争に勝ち抜き、グローバルテクノロジー競争で優位性を維持するために、米国人工知能国家安全保障委員会(NSCAI)が主催するグローバルエマージングテクノロジーサミットで、米国は先進民主主義国同盟の結成を呼びかけ、そして民主主義の国際社会が人工知能競争に勝つためのロードマップを作成した。同時に、人工知能の分野で7つの規範が策定された。規範の第一条は、民主的な価値観と安全且つ信頼できる技術の開発を支持する標準と規範の策定及び実施すること。

米国は、責任を持って人工知能を使用し、人々と社会の自由を守り、人類に利益をもたらすためには、民主主義国同盟は人工知能を通じて、世界を再編成し、人類の歴史の流れを変える指導者でなければならないと表明した。

テキスト版:AI革命の担い手は民主主義同盟に違いない

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin