翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 美麗善良

5月11日、郭文貴氏はライブ放送で、ソーシャルメディアによるデータの不正操作の真相を明らかにした。

​​郭文貴氏は、ツイッターやフェイスブックを含めたソーシャルメディアプラットフォームでは、基本的にユーザーデータの40〜50%がロボットであり、これらのプラットフォームの毎日と毎月の情報データでさえ、40〜60%がフェイクデータだと述べた。一方、これらのプラットフォームでは、爆料革命に関連するアカウントのデータ情報を意図的に削除や修正し、実際データを圧縮していると述べた。例えばユーチューブでは、中国国内のユーザーが注目する爆料革命のアカウントをブロックし、裏で関連データの増加を意図的に制限している。郭氏は、すべての偽データは中国共産党が国際的なソーシャルメディアのプラットフォームを操作していることを示した。また、​​あらゆる手段を取って爆料革命を標的にすることは、中国共産党の恐怖を反映していると指摘した。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 麗子
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿