翻訳:待命(文暁)          

(画像は本記事のリンクによるものです)

ロシアがウクライナに対して侵略戦争を仕掛けて以来、世界の多くの国々がロシアに対して前例のない制裁を始まり、その勢いはますます強まっている 欧米諸国は現在、ロシアのプーチン大統領の個人的な隠し財産を狙っていて、その額は2000億米ドルにものぼると報じられている。

例えば、英国だけでも、現在、プーチン政権と関係のあるオリガルヒなど1000人以上の個人と100の団体に総額1170億円の制裁金を科したと言われている。英国外務省は最近、新たな制裁措置はロシアのプーチン大統領の家族や友人を対象とすると発表した。英国が発表した更なる措置は、「プーチンの元妻や従兄弟など、プーチン個人の金融ネットワーク」を対象としたものと言われている。

プーチンは公式にはごく限られた資産しか持っていないことになっているが、プーチンの家族や友人、プーチンが選んだエリートたちのネットワークが、名目上はプーチンに代わって膨大な富や資産を持っていると考えられている。

英米の二重金融業者であるビル・ブラウダー氏が2017年に米上院で、プーチンの個人資産は2000億ドルにも上り、「世界で最も裕福な個人」になると証言したと、今年3月に英紙デイリーテレグラフが報じた。

また、英国の警察や情報機関は、プーチンが英国内に総額で数億から数千万ポンドに相当する多額の個人資産を保有している可能性があると推定している。英国の国家犯罪捜査局(NCA)と情報機関は最近、特別チームを結成し、プーチン自身やその側近、彼と密接な関係を持つ金融オリガルヒの英国での資産を調査している。

情報源: 普京个人隐形资产或高达2000亿美元 西方制裁已瞄准 – GNEWS