翻訳:香草山農場 – 霍比特人

This image has an empty alt attribute; its file name is image-1061.png

現地時間の5月11日まで、ロシア軍がマリウボルの亜速鉄鋼工場のウクライナ軍陣地への空襲、砲撃、地上攻撃を続けている。正確に誘導された弾薬が尽きたため、ロシア軍の一般爆弾への依存はますます深刻になったという情報がある。同時に、ロシア軍はトンネスクとルガンスクの最前線陣地に沿って地上攻撃と砲撃を続けた。加えてロシア軍がトンネスク北部を包囲しようとしたため、ロシア軍とウクライナ軍はこの地域の北部、西部、南部のルビニノエ、リシチャンスク、ビロゴリフカなどを含む地域で激しく交戦した。また、トンネスクとハルコフの境界線まで西に進み続けるため、トンネスクのサンドリホロフとその周辺地域もロシア軍の目標の一つである。注目すべきは、ウクライナの守備軍がビロゴリフカ付近でノーストンネスク川にまたがるロシア軍の一つ浮き橋を破壊したことだ。ウクライナ軍はロシア軍のこの地域での予定包囲圏をさらに破壊する機会を与えた。

また、ウクライナ側によると、ウクライナの守備軍はハルコフの東北境界線付近のチェルカシキチシュとルシキチシュ、ハルコフの北にあるピトムニクの奪還に成功したという。消息筋によると、ウクライナ軍は旧サルチフ以北に進み、バイラック、ザムリフカ、上サルチフ、ルビジェネを再制御したという。また、ロシア軍はハルコフ南東部のボロワとボゴスラフカから大規模に撤退しています。彼らは、ウクライナ軍の国境線一帯でのさらなる反攻を防ぐために、ハルコフ北東部の兵力を優先的に強化しなければならない。ウクライナの総参謀部の報告によると、ハルコフで被害を受けたため、ロシア軍第6集団軍第138独立機械化旅団の人員は、ベルゴロドを撤回した。 ウクライナ南部戦線では、ロシア軍とウクライナ軍がヘルソンとニコライエフの間で激しい交戦を続けている。

報道によると、ベラルーシ政府はNATOと米国がベラルーシの国境を脅かすという非難をエスカレートさせたという。 しかし、この国が戦争に参加する可能性は依然として低い。

参照リンク:https://gnewsapp.com/post/p2518431/

アップロード:文留

もっと情報を知りたいなら、私達に注目して下さい

New York MOS Himalaya |GTV

New York MOS Himalaya |MOS TALK

New York MOS Himalaya | Gettr

New York MOS Himalaya |YouTube

Free to Join New York MOS Himalaya | Discord

This image has an empty alt attribute; its file name is image-40-1-9-3.png