翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 喜马拉雅原住民

現地時間5月8日、米国のジル・バイデン大統領夫人が同日ウクライナ西部を極秘訪問し、その際、戦乱のウクライナに対する米国の支援の証として、ウクライナのオレナ・ゼレンスキー大統領夫人と母の日に会談を行ったと、関連メディアが報じている。

会談の中でギル氏は、バイデン大統領が3月にポーランドを訪問した際、自らウクライナの状況を視察したかったが、安全保障上の理由で保留になったことに言及した。今回の訪問はバイデン大統領の願いを叶え、ウクライナの人々に戦争を止めなければならないこと、そして米国がウクライナと共に戦うことを明確に示した。

同日、ドイツ連邦議会のベルト・バース議長もウクライナの首都キーウに到着し、ゼレンスキー大統領と武器供給やウクライナのEU加盟に関する問題を協議した。

会談では、ロシアの裁量に委ねるのではなく、公正な協議によって和平をもたらすとの認識で一致したとされる。さらに、バス氏は、ドイツ連邦議会がウクライナのEU加盟を支援するために必要なすべての手続きを迅速に行うことを約束した。同時に、ドイツは生存のために戦っているウクライナを支援し続けると声明を出した。

その後、ウクライナのゼレンスキー大統領もG7首脳会議に出席した。会談では、7カ国首脳が、引き続き自由と未来を求めるウクライナを支援すると強調した。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p