翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白雲朵朵

5月8日の母の日のライブ配信で、郭文貴氏は中共党内で奉行する邪悪な孝行文化を明らかにした。

郭氏は、中共の党内では、親孝行は高官たちの信頼関係を築くきずなであり、高官は自分の家族への親孝行は、彼らが対外的に現れた邪悪に比例して増加している。つまり、邪悪な人ほど、親孝行する。その中で、習近平、温家宝、李克強、胡錦濤を問わず、彼らは家族に親孝行している。しかも、この高官たちは親孝行を大切にする者たちを尊敬する。そのため、彼らは蒋介石を賞賛したが、毛沢東を批判した。

しかし、郭氏も、中共の役人が親孝行する対象はあくまでも自分の家族だけだ、あるいは、家族だけを人間として扱うと説明した。一般人は草芥のように、勝手に犠牲になれる対象である。さらに、党内の高官にとって、庶民が親不行こそ、共産党に対する忠誠心の最高の表れなのだ。

郭氏は、これがまさに中共体制の邪悪な現れだと指摘した。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p