翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 喜马拉雅原住民

移動式偏心ロボットMobile Eccentric Droid(MobED)は、現代自動車がBoston Dynamicsから買収したロボット事業で、現代自動車は2021年夏に買収取引を完了した。

資料によると、MobEDは、「偏心輪」技術を用いた独自の4輪と、ホイールベースやステアリングを自動的に調整する駆動制御システムにより、重心の上げ下げ、ホイールベースの収縮・拡大まで行い、車体全体の姿勢を制御して、複雑で厳しい環境でもスムーズな動きを維持し、最高速度は30km/hを実現している。

今後、MobEDは、飲料配達、宅配便、ローラースケート、映画やテレビの撮影などのサービス系ロボットの市場に大きな変化をもたらすだろう。電池技術やアプリケーションの継続的な発展により、高齢者や病人の移動手段、乳母車やレジャー用車両としても利用できる。

中共コロナワクチン災害の後では、大量の人間の死亡と障害が避けられず、映画やテレビの撮影や配達など、多くの産業がロボットに取って代わられる可能性がある。また、中共コロナワクチンで障害を負った人たちも、ロボットがその人たちの生活を助けることができるかもしれない。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / cyberant(文蒙)
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿