翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 小火苗

米国ホワイトハウスのロバート・キャンベル調整官は、5月9日に開催された大西洋を横断するインド太平洋対話に関するセミナーで、台湾海峡の平和と安定の維持を重要な利益と考え、台湾海峡の現状を維持することが重要であると述べた。

彼は、2月の北京冬季オリンピック中に中共とロシアが発表した共同声明は、アジア諸国に衝撃と不安を与えたと指摘した。 その後、ロシアのウクライナに対する侵略は、インド太平洋地域でより戦略的な思考を刺激し、ヨーロッパにしては、ウクライナの問題への関与は以前よりはるかに大きくなっている。

露ウ戦争以来、国際的な関心はヨーロッパに集まっているが、米国高官はインド太平洋が依然として米国外交の焦点であることを繰り返し強調し、台湾海峡の平和と安定を維持することが重要な利益と見なされている。 報道によると、ジョー・バイデン米大統領は12日から2日間、東南アジアの首脳と会談を行い、その後20日から24日まで日本と韓国を訪問し、東京で日本、オーストラリア、インドの首脳と中国共産党が引き起こす課題に対抗する4者会談を行う予定であるという。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 一片樱花
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿