翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 老黑

現地時間の5月7日、米国CDC当局者は、最近米25の州に広がった原因不明の子供急性肝炎を調査していると表明した。

原因不明の子供肝炎症例は、全米で109例あり、そのうち5例が死亡した。直近1ヶ月、20カ国から228件の症例があったという。医学研究によると、この大規模な小児肝炎感染の原因は過去とは異なり、一部の子供もアデノウイルスに感染している。外国メディアは、これらの子供たちが中共ウイルスのワクチン接種を受けておらず、感染はワクチンと関係ないことを示唆している。

通常、肝炎は血液、唾液、母子の摂食、汗などを介して感染する。肝炎が子供の生活環境でのスパイクタンパクの攻撃によって引き起こされているかどうかは不明だが、子供の未知の肝炎の広がりは親の間で懸念を引き起こしている。CDCは特に、子供の免疫系がこれまで遭遇したことのない病気にかかる可能性があると両親に注意している。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 /北京軍区
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p