翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 花花绿绿

米中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ局長は5月7日、露ウ戦争の動向は中共の台湾計画に影響を与えるとし、中共は露ウ戦争の行方を注視し、そこから学んだ経験や教訓を下に、台湾奪取の計画を調整するとの見解を明らかにした。

バーンズ氏は、中共の指導部は、台湾を武力で占領を強行した場合に支払わなければならない代償と結果を考えている。さらに、欧米関係をより緊密に発展させたプーチンのやり方に対する中共の不安や懸念は、習近平の台湾奪取の狙いを変えるものではなく、その方法と時期に影響を与えるだけであると述べた。

バーンズ氏の観点は、郭文貴氏が何度もライブ配信で共用した情報、すなわち、中共による台湾戦争の発動は、露・ウ戦況や欧米の制裁強化に影響されたり変化したりすることではなく、政治的な必要であるという見方を裏付けたのだ。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 麗子
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / eiei