翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 老黑

台湾メディアの報道によると、グリーン米下院議員は5月6日のインタビューで、中共はウクライナでのロシアの大失敗から学びがあり、台湾に対する政策を再考すべきだと指摘した、台湾に対して犯を犯すと、全世界が団結して反撃する状況に直面するだろう。

グリーン氏によると、中共国はロシアとは異なり、台湾とウクライナも大きく異なるという。台湾は世界のハイエンドチップの94%を製造しているため、台湾が中共によって管理されていることを容認するのはあってならない。米国は間違いなく中共の侵略に対抗するための厳しい措置を講じ、世界の台湾への連帯と支援はウクライナへの支援を上回ることになる。

グリーン氏は、「台湾関係法」は何十年にもわたって制定されており、米国は台湾にさらに多くの軍事装備を販売し続けるべきであり、中共が台湾攻撃するために費用がかかり過ぎるようにすべきであると述べた。同時に、中共は、ウクライナでのロシア軍の不振から、自国の軍隊も優秀ではないことを認識すべきである。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p