翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 白雲朵朵

5月8日、ゲッターメディアは、新中国連邦ウクライナ救援チームがカナダのトロント空港から出発した時、起こった感動的な物語を報道した。

今年の三月、新中国連邦の第三陣ウクライナ救援人員、カナダのバンクーバー地域の戦友がトロントに集まり、ポーランドに出発する予定であった。ワクチンパスポートの提出ができなかったため、隊員たちは空港の地上係員に搭乗を拒否された。ウクライナの救援最前線が人的支援を必要としていたため、ルビコン、翌珊、ハーレーなどの戦友は使命感と顧みることない勇気に駆られ、地上係員と交渉した。

何度も懇願したが、チェックインカウンターの地上係員は何度も拒否した。隊員たちは救援に参加する気持ちが切実なので、問題を解決するチャンスを探すことを諦めなかった。ルビコンはチェックインの責任者イヴァナ氏を確認し、新中国連邦を紹介し、ポーランドへの救援旅行の趣旨を説明した。ルビコンとハーレーは、ウクライナでの新中国連邦の救援活動、96人の子供を救出したこと等を話した。イヴァナは深く感動した。彼女はもう迷うことなく、すぐに報告することを承諾した。その後、十分も経たないうちに、イヴァナの上司は飛行機への搭乗に同意した。この朗報は、チームメンバーや見送る仲間たちを感激させた。

今回トロント空港で「関門を突破する」という素晴らしい物語は、新中国連邦人が困難に直面しても諦めず、知恵と行動力を極致まで発揮したことを改めて示している。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿