翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 喜马拉雅原住民

この1週間で、ヒマラヤコインの価格は46ドル前後とやや上昇し、1日の平均取引量は約6万枚となった。発売以来の丙種銭の取引量は約3660万枚で、今年の総生産量の約3.66%に過ぎない。ヒマラヤコインの取引は、まだ世界的に完全にオープンしておらず、価格も非常に割安な状態だ。

郭氏はライブ配信で、ここ1ヶ月のヒマラヤコインのエントリー資金の50%が戦友以外の投資家から来たことを明らかにした。数千億円のブランド価値を持つ米国企業が最近、自社製品の取引にヒマラヤコインの支払いを受け入れたい意向を示した。ヒマラヤコインの発売以来、ヒマラヤ連邦準備制度はまだ広告やプロモーションを行っていないが、技術の向上、研究開発、より多くのライセンスの取得に全力を注いでいる。もし、ヒマラヤコインがすべてのライセンスを取得した後に広告を開始するとしたら、その資金の流入は想像を絶するものだろう。ヒマラヤ連邦準備制度とGシリーズは盛況だが、郭氏は最近、ヒマラヤコインやヒマラヤ連邦準備制度の株を一切持っていないと法廷で公に証言した。

世界経済の崩壊とワクチン災害が今、始まろうとしており、戦争もますます激化していくだろう。これに対し、郭氏は、世界経済が崖っぷちに立たされる中で、ヒマラヤコインとGシリーズは上昇基調を維持すると述べた。そして、今回の災害を経て、間違いなくデジタル通貨の時代が到来する。デジタル通貨の未来には、間違いなくデジタル人民元は含まれないし、フィアット通貨が主導権を握ることもないだろう。そして、ヒマラヤコインは間違いなくその重要な一翼を担うことになるだろう。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿