翻訳:待命(文暁)          

(画像は本記事のリンクによるものです)

5月10日付の聯合ニュースによると、9日(現地時間)、ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、ロシアのウクライナ侵攻後、欧州各地で若い学生がロシア語を使うことで同級生からいじめられる事件が多発していると報じたという。

ニューヨーク・タイムズ紙は、ロシアのウクライナ侵攻によって、何百人ものウクライナの子どもたちが直接犠牲になったが、その一方で、ヨーロッパのバルクで子どもたちがロシア語を使うことを理由に差別やいじめを受けるという歪んだ現象が起きていると指摘している。多くの被害者の例は、ヨーロッパ中に出回っている。

同紙は、ヨーロッパで暮らすロシア出身の子どもたちの家族にインタビューを行った。「プーチンの娘」や「スパイ」と呼ばれたり、インターネットのチャットグループや学校の廊下、電車の中で、爆弾を投げつけると脅されたり、飲み物の空き缶を直接子どもたちに投げつけられたりする。

国際的な子どもの権利団体「セーブ・ザ・チルドレン」は声明を通じて、”大人の選択で子どもがいじめられることがあってはならない “と立場を表明。

情報源: 秘翻在线:在欧洲被无辜折磨的俄罗斯裔孩子们 – GNEWS