翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 花花绿绿

5月8日、海外メディアの報道によると、主要7カ国(G7)の首脳がウクライナのゼレンスキー大統領とテレビ会議を開催する前に、イギリスのジョンソン首相はウクライナに対してさらに13億ポンド(約2094億円)の軍事援助を拠出すると発表した。

イギリス政府によると、今回ジョンソン首相が新たに約束した支援金は前回イギリスが承諾した援助のほぼ2倍であり、イラク戦争とアフガニスタン戦争以来イギリスが出した支援金の最高金額であった。今回の援助金は、イギリス政府の緊急事態予備費から捻出する予定である。

また、イギリス政府は5月7日、ウクライナの医療施設や避難所に電力を供給するために、さらに287台の移動式発電機を提供すると発表した。これまでに、イギリス政府がウクライナに合計856台の発電機を提供した。

イギリスのビジネス・エネルギー・産業戦略省の声明によると、新たに寄付された発電機の発電力は約8,000世帯分の使用電力量に相当する。し、このような臨時措置によって、ウクライナは食糧生産や他の重要なインフラサービスを提供するため車両への燃料の確保が出来た。冬が到来する前に備蓄燃料の用意ができることが分かった。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 知澄
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 定於二尊
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p