音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 戦友520

5月5日の共同通信社の情報によると、ウクライナ南東部の要衝マリウポリで、アゾフスターリ製鉄所に立てこもる内務省系「アゾフ連隊」の司令官は4日に動画を発表し、ロシア軍が突入した製鉄所内で「血みどろの戦い」が行われていると訴えた。

ロシア国防省は同日夜、製鉄所内の多数の民間人退避に向け3日間の日中の一方的停戦を突然発表。ただ退避は何度も失敗しており実現性は不明だ。

同省は通信アプリを通じた声明で戦闘停止は「ロシア指導部の決定による」と説明した。内外の世論を意識し、人道的配慮を強調する狙いがあるとみられる。

アゾフ連隊司令官は「厳しい戦いだ」と指摘した。

テキスト版:激戦、一転しロシア停戦発表

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin