音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 戦友520

北京時間5月4日の新唐人ニュースによると、上海では「小規模封鎖解除」を実施し、一部の警戒区域では街への外出を許可しているが、多くの場所で車両の通行が禁止されている。住民は天びん棒や三輪車で荷物を運ぶことを余儀なくされている。

上海市当局は5月1日、警戒区域の人々は、封鎖された管理区域を除き、予防区域内や街中での移動を程度の差こそあるが許可することを発表した。当局は、この予防区域を4つの種類に分けて、第1種のみ、自家用車の限定的な使用を認めるが、他の3種類では自動車を道路に乗り入れることを認めないという。

一部「小規模封鎖解除」された上海の街は、自転車、電動バイク、二輪車、三輪車で溢れている。歩行しか許されない地区では、多くの住民がストレッチャーで買い物を運ぶことを余儀なくされている。

テキスト版:上海「天びん棒、三輪車」大活躍
                              動画リンク

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin