翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 知澄

胎児が早い週数で流産してしまうケースがかつてないほど増加していることが中国のSNS上で話題になっています。

このような現状は新型コロナウイルス感染拡大後、ワクチン接種義務化政策を推進してからの2年間で急増したようです。

今までにこれほどの同様なケースを見たことがないとネットユーザーはコメントしました。

病院の医師はワクチンと直接関係していることを分かっていますが、事実を言える医師がいませんでした。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / MAMORU
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / eiei
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / eiei