翻訳: 煙火1095

(画像は本記事のリンクによるものです)

UPI通信社5月8日の報道によると、ジョー・バイデン大統領が日曜日にG7のリーダーおよびウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領と会談した後、米国はロシアに対する新しい制裁を発表した。

ホワイトハウスは声明で、「我々の前例のない制裁はすでにロシア経済に大きな打撃を与え、我々の輸出規制はロシアがその軍事的野心を維持するために必要な重要技術やサプライチェーンへのアクセスを妨げている」と述べている。

「プーチンの戦争は、過去15年間にロシアが得た経済的利益を台無しとなると予想される。私たちの輸出規制の結果、ロシアは軍事兵器や装備の補充に苦労している。」

ホワイトハウスは、米国がロシア1(Russia-1)、第1チャンネル(Channel One Russia)、ロシア独立テレビ(NTV)など、クレムリン支配下のロシアの一流テレビ局3社に制裁を加えると発表している。昨年、欧米企業がこれらの局の広告主のトップだった。ホワイトハウスは、これらの放送局はクレムリンのウソを流すプロパガンダだとしている。

ある政権高官は記者会見で、米国の広告費、放送技術、テレビカメラ、マイク、音響機器は今後ロシアの国営テレビ局に提供しないと述べた。

また、米国は今後、米国国民がロシア国内の者に対して、会計、会社設立、経営コンサルティングなどの特定のビジネスサービスを提供することを禁止する予定である。

ホワイトハウスは「これらのサービスは、ロシアの企業やエリートによる富の創出、ひいてはプーチンの戦争マシンのための収入、そしてその富を隠して制裁を逃れようとする試みの鍵を握っている」と述べている。

「今回の措置はこれまでの禁止措置に基づき、ロシア経済に関連する航空宇宙、海事、電子機器、技術、防衛および関連物資の分野である。」

米国はすでに実施しているが、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国を含むG7全体がロシアの石油を段階的に削減し、輸入を禁止することを約束した。

「プーチンにとって石油ほど重要な輸出品はない、彼の経済の大動脈だ」と政府高官は語った。「そして、(EUは)今、アメリカ、カナダ、イギリスと一緒になって、その貿易を断とうとする勢いにある。

ホワイトハウスは、産業用エンジンやブルドーザーなどの規制を含む、ロシアの産業部門を制限する新しいルールも実施すると述べた。

ホワイトハウスは声明の中で、「これらの新しい規制は、ロシアの軍事能力を支えることができる品目や収入へのアクセスをさらに制限することになる」と述べている。

政府高官らによると、G7が制限対象としたのは、物品、サービス、技術で、欧州諸国やアジアのG7パートナーが主要供給国であり、ロシアのこれらの物品へのアクセスをより効果的に制限することができるためだという。

「ロシアはこれらの商品やサービスを国産化するしかないと考えているが、それは非常に難しいことだと思う」と同政府高官は語った。

また、ウクライナで使用されているライフルなどの武器を製造しているProtekhnologiya社、海運会社7社と海上タグボート会社、ロシア連邦準備銀行(Sberbank)の幹部8人とガスプロムバンク(Gazprobank)の幹部27人が制裁対象となった。

同政権高官は「ガスプロムバンクが制裁を受けなかったのはガスを販売する主な方法であり、ヨーロッパは今もなおロシアをエネルギー源として依存しているからだ」と説明した。

ホワイトハウスは「米国は、ロシアとベラルーシの職員がウクライナの主権、領土保全、または政治的独立を継続的に損なっていることに対応し、約2,600件のビザ制限を課している」と述べている。

同政府高官は、英米両国はどの制裁を拡大するか、将来的に法律業務に制裁を加える可能性も含め、積極的に議論していると付け加えた。

「法務サービス」はリストに入っていない。 我々の判断では、少なくとも当分の間、米国の弁護士を通じて適正な手続きを求める希望がある場合にはその継続を許可する」と同政府高官は述べた。

「しかし、それらのサービスの幅と制裁措置を日々見直している。」

この発表は、欧州と国際社会が第二次世界大戦の終結と欧州におけるファシズムの終焉を記念する際に行われるものだ。

G7首脳は別の単独声明で「2014年以降のウクライナに対する侵略と行動を通じて、ロシアはルールに基づく国際秩序、特に第二次世界大戦後に後継世代を戦争の惨禍から救うために制定された《国連憲章》に違反した」と述べている。

G7は「ウクライナ軍への継続的な軍事・防衛支援を継続し、サイバー事件に対するウクライナの防衛を引き続き支援し、情報セキュリティを含む協力を拡大する。」と述べている。

「我々は、ウクライナの経済およびエネルギー安全保障の向上に向けた支援を継続する。」

G7首脳は、ロシアのプーチン大統領とベラルーシのルカシェンコ政権にウクライナ戦争での責任を取らせるために「いかなる努力も惜しまない」と述べた。

情報源: https://gnewsapp.com/post/p2495529/

校正:待命(文晓)