音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 戦友520

現地時間5月1日、ウクライナ大統領ゼレンスキーは当日声明の中で、約百名の民間人がロシア軍に包囲されたマリウポリ市のアゾフ製鉄所から退避し、翌日ウクライナ政府が支配する中部都市ザポロジェに到着したと述べた。

国連人道問題調整事務所によると、現地時間4月29日に赤十字国際委員会の支援により避難が開始され、その後、ロシアとウクライナの合意によりアゾフ製鉄所への安全な人道回廊が開かれた。

関係者によると、避難した難民の中には幼いウクライナの子供たちも含まれている。以前のロシア軍の猛烈な砲火攻撃で、彼らはマリウポル市の地下掩蔽壕に縮こまって、苦しみながら時間を過ごすしかなかった。

テキスト版:約百名市民がアゾフ製鉄所から退避

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 煙火1095
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin