音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 戦友520

5月3日、米国のルビオ上院議員は、台湾の平和を促進するための法案を提出し、米国が台湾への武器売却を優先させ、台湾に十分な自衛能力を確保するために攻撃型兵器の売却を認めるよう求めた。この法案の名称は「台湾の平和を実力で推進する法案」と題され、中国共産党による侵略に対抗する台湾の能力を高めることを目的としており、米国台湾関係法の改正案が焦点になり、台湾への売却を防衛兵器のみに限定していた従来の規定を変更し、「侵略を阻止に役立つ兵器」の台湾への売却を認める案である。

同法案は、米国政府は台湾への武器売却処理を迅速に行うべきであるとし、契約締結の順序にかかわらず、武器契約者は台湾に売却する軍需品の製造を優先すべきであると要求している。また、同法案は、演習などを通じて台湾の防衛能力を向上させるため、米国と台湾が訓練プログラムを確立することを求めている。

ルビオは、プーチンがウクライナへの侵攻を命じたように、独裁者が戦争をするのは止むを得ないことだと述べた。したがって、米国は台湾を強力に支援する必要がある。

この台湾への友好法案の導入には、日本の現職議員が記者会見で、米国に対して、日本が関わらないわけにはいかないという立場である。米国が考えていた曖昧な台湾戦略を放棄するよう求めたことにも呼応している。

テキスト版:米上院議員、台湾への攻撃型兵器売却を可能にする台湾関係法改正案を提出

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 小火苗
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /小火苗