翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 自由空气

5月6日の外国メディアの報道によると、バイデン米大統領は、ウクライナがロシアの侵略を撃退するのを助けるために、1億5000万米ドル相当軍事支援計画を発表した。この支援計画には、ウクライナに25,000発の155mm砲弾、対砲レーダー、妨害装置、野外装置、スペアパーツなどの追加供与が含まれている。

新しい支援計画の資金は、大統領の特別承認権限の中で残りの2億5000万ドルの資金から調達される。 この承認は、大統領権限で議会の承認なしに緊急時に米国の備蓄から余剰兵器を譲渡することが可能である。

ロシアがウクライナに侵攻して以来、米国は、榴弾砲、スティンガー防空ミサイルシステム、ジャベリン対戦車ミサイル、弾薬、「ゴースト」ドローンなど、34億米ドル相当の兵器をウクライナに次々と送ってきたと報告されている。 そして、NATO加盟国に10万人以上のアメリカ兵を配置した。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / Jacky
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿