翻訳:待命(文暁)          

(画像は本記事のリンクによるものです)

中国共産党気象局は、今月9日から13日にかけて、中国西南部の東部、江南の西部、南部で強い降水過程があると予測している。長江以南のほとんどの地域で1日の最大の降水量が大雨から集中豪雨に達することがあり、中国南部の大部分と江南の一部地域では大雨、広東省と広西部の地方では例外的に大雨、上記の地域では短時間強雨、雷雨強風、雹などの強い対流性気象を伴いる。最強の降雨期間のプロセスは、10〜12、広東省、広西チワン族自治区の毎日の降雨の個々のサイトに表示されるか、または歴史的な極値に到達する。

昨年、河南省鄭州市で発生し、数十万人の犠牲者を出した人災の記憶はまだ新しいが、この試練に満ちた中国の人々に、歴史的な大雨はどんな災害をもたらすのだろうか…! 共産中国の治水工学の質は、メガ洪水に対してどの程度強いのでしょうか? あの豆腐糟のような治水事業が、腐敗した指導者の業績に過ぎないことは、この国に住む人々はよく知っているはずで、治水事業が崩壊すると、庶民の死者はいつまでも謎のままなのだ。

共産党の隷属下にある一般人として、このような天災、人災に直面したとき、どうすればいいのか。その答えは、自分自身を救うこと。強い雨風が吹いたら、できるだけ早くその場を離れ、離れられない場合は、必需品を持って高台に避難する。食料、水、薬、衣類などを事前に準備し、洪水が去った後に帰宅する。特に中下流域の人々は、たとえ大雨でなくても、共産党が堤防を爆破して洪水を逃がすので要注意だ。河南省の鄭州地下街で、政府の救助を「冷静に」待っていた乗客が、待っている間に命を落としたことを考えてみてください!党があなたを災害から救ってくれると信じてはいけないのだ。

自然災害に見舞われた時、同胞は目を覚まし、共産党の下では、自然災害は人災を伴うことを認識しなければならない!郭文貴氏も生放送で、今年は洪水の年であることを何度も同胞に思い出させ、中南坑の老雑種(共産党高層部の極少数人)も今年は寅年に大きな洪水が起こると口にしている。災難から逃れるためには、人々は自助努力を学び、友人や社会のつながりを多く持って助け合う必要があると述べた。

爆料革命はすでに一人でも多くの人に災難の信号を送っている。どうか同胞に注意を払い、事前にすべての予防措置をとってください。生きていてこそ、希望が見えてくる。

情報源: 秘翻在线:洪水猛于虎,中共国老百姓遇天灾能够依靠谁? – GNEWS