翻訳: 柑橘文旦JP

画像の出処は:本記事のリンクによるものです

UPI通信社5月7日の報道によると、バイデン政権は、ワクチン免疫力が低下する中で、秋と冬にコロナウイルスの波が押し寄せ、1億人の感染者と死亡者、入院者が増加する可能性があると予測している。

秋と冬の両方を含むこの予測は、政権が綿密に追跡している様々な外部モデルに基づいていると、政権高官が土曜日にCNNに語った。

この政権高官は、COVID-19の死者数が100万人に迫る中、金曜日の背景説明(Background Briefing)の中でこの予測を行った。ワシントンポスト紙によると、この動きは、同国の準備態勢を強化するための更なる資金を承認するための交渉を再開するよう、議会に働きかける一環であったという。

バイデン政権は、3月下旬にコロナウイルスのパンデミックを抑制するための緊急資金として225億ドルを要求していた。しかし、米国国境でのパンデミック規制を緩和するという政権の決定をめぐる論争の中で、この案件の可決は何週間も停滞している。

ホワイトハウスは当時、資金の減少により、コロナウイルスに対する将来のワクチンや治療薬の購入、保険未加入者の治療に対する払い戻し、抗体検査へのアクセスなどが頓挫していると声明で警告していた。

先月、超党派の議会交渉団は、民主党議員が世界的な大流行病の援助資金を廃止することを譲歩し、政権が要求した225億ドルのうち100億ドルを供給することで合意に達した。

このまま停滞すれば、政権はより多くの検査や治療薬のために確保した資金を、より多くのワクチンの購入に充てることになり、国はより脆弱になる、と高官はワシントン・ポスト紙に語った。

情報源: https://gnewsapp.com/post/p2489985/

校正: Eric Kim