翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 飘向北方

現地時間5月6日、中共メディアによると、中共北京市政府は中共ウイルス(コロナウイルス)の感染拡大を理由に感染対策を強化している。北京市の一部地域で公衆トイレにQRコードが設置され、トイレを利用する際に登録が必要となっている。

中共北京当局は、胡同の住民に公衆トイレを利用する前にいわゆる「健康コード」をスキャンし、登録することを求めている。平家地区では、家に専用トイレを持つ住民は少なく、多くの住民は公衆トイレを利用する必要がある。現在、北京市東城区にある113箇所の公衆トイレでQRコードスキャンが開始されている。

これに対して、中共国の住民からは「今の厳しい感染対策では、住民がPCR検査を受けなかったり、「健康コード」を提示できない場合は、住民がトイレに行けないというジレンマに陥る可能性がある」という声も聞かれた。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 春香
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 旭鵬(文鵬)
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p