撰稿:ヒマラヤ東京桜団/盖特第一批注册

中共ウイルスワクチン(新型コロナワクチン)による二次災害が徐々に顕在化し、これからも、都市の閉鎖や封鎖解除が中共国のあちこちで行われるだろう。

图片源自:wenweipo

中共は、これから、ワクチンによる死亡例が多数発生した時、国民が一斉に街頭に出たらどう対処しようかを考えている。そこで、街を封鎖して庶民の抵抗力が試された。西安と上海の封鎖は、餓死しても民衆は抵抗しないことを共産党に知らしめた。だから、民衆がデモに出たり、誰かが真実を投稿したりすると、中共はすぐに街を封鎖してしまう。これこそ中共ウイルス(新型コロナ)に対する中共の独裁的な国家管理モデルである。

郭文贵氏によると、中共ウイルスワクチンの普及率が非常に高く、ファイザー製のワクチンの接種率が高い上海、広州、杭州、蘇州、深セン、北京、武漢、鄭州、大連、そして青島では封鎖が数え切れないほど起こっていると言われている。中共はウイルス感染防止を口実に町を封鎖しているが、実はワクチン注射後の副反応による死亡問題を隠そうとする中共の悪質な手段にほかならない。封鎖はネット規制と同様に中共にとって「最高」の政治手段である。

5月7日の生放送で、郭文贵氏は「出られる人は出なさい。平和に暮せる小さな国でも、中共国にいるより安全だ。」と皆に警告を発した。

編輯:ヒマラヤ東京桜団/麗子
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/tdownc2p