音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 戦友520

現地時間の5月1日、ロシアのプーチン大統領の右腕であるロシア軍参謀総長、ゲラシモフ氏が先週後半、ロシアとウクライナの戦争前線に足を運び、極秘出動し、ロシア軍の戦況を逆転しようとしたと報道された。その行方は完全にウクライナ側に掌握され、ウクライナ軍はすぐにその陣地を激しく砲撃し、ゲラシモフは重傷を負ったという。

関係者によると、ゲラシモフ氏の右足の3分の1に榴散弾による傷を負ったが、骨折はしておらず、現在ウクライナから撤退し、帰国して治療しているという。それだけでなく、今回の爆撃で将校クラスのロシア人将校が10人近くも死傷した。

これに対し、ウクライナ陸軍参謀本部は、4对此,乌克兰陆军总参谋部发表声明,指4月30日至 5月1日夜间,对位于哈尔科夫,伊久姆地区的俄罗斯军事指挥中心进行了两次突袭轰炸。声明指出,这次轰炸的首要目标是俄罗斯陆军总部,其次是空降步兵总部。月30日から5月1日の夜にかけて、イジュム地域ハリコフにあるロシアの軍司令部を2回にわたって空襲したという声明を発表した。声明では、今回の爆撃の第一目標はロシア陸軍本部で、次いで空挺歩兵本部だと述べている。

報道によると、今回の爆撃でロシアの兵士約200人が死亡した。その中には、この部隊を指揮したロシアの少将アンドレイ・シモノフが含まれている可能性があると推測している。彼の死が確認されれば、シモノフはロシアのウクライナ侵攻以来、戦死した10人目のロシア将官になる。

テキスト版:ロシア軍参謀総長、前線督戦中に負傷

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 煙火1095
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin