音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 戦友520

ロシアとウクライナの戦争勃発後、ロシア中央銀行の外貨準備のほぼ半分が西側に凍結され、外貨建て債務の返済に困難な状況に直面していた。

4月29日、ロシア財務省は、総額約6億4,900万ドルの満期を迎えた2つの外貨建て債券を返済したと発表した、ロシア側はルーブルでの利息返済を何度も脅したが、最終的には契約通り米ドルで支払われた。S&Pグローバル・レーティングは、投資家がルーブルを「当初の満期額に相当するドル」に交換する可能性が低いため、ロシアがルーブルでドル建て債券を支払う試みは「選択的デフォルト」に相当すると述べた。

ロシアに対する米国の制裁措置により、ロシア中央銀行の米国銀行の外貨準備は凍結されたが、米国財務省は、ロシアがドル建ての債務を返済するためにケースバイケースで資金を使用することを許可した。

しかし、ロシアが2つのユーロ債をルーブルで支払おうとする前に、米国財務省は4月上旬、凍結された外貨準備を使用するロシアの要求を拒否した。一部のアナリストによると、この動きは、米国の金融機関が保有する6億ドル以上の外貨準備で債券保有者に利息を支払うのを阻止するためで、ロシアに米ドルの準備金をより早く使い切るか、100年以上ぶりの対外債務のデフォルトを受け入れさせることを目的としているという。

テキスト版:ロシア、デフォルト回避のため、ドルで債務返済

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 煙火1095
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin