音声:ヒマラヤ東京櫻花団 / 戦友520

5月1日、中共メディアによると、元内モンゴル自治区党委員会書記の石泰峰氏が中共国社会科学院の党組織の主席兼書記に就任した。

石泰峰氏は2019年10月に内モンゴル自治区の党委員会書記に就任した。郭文貴氏の情報によると、石泰峰は内モンゴル自治区在任中にモンゴル族の文字や文化を弾圧し、その強硬策で習近平から評価され、中共国社会科学院院長兼党書記に任命されたという。

郭文貴氏は5月1日のライブ配信で、中共が元内モンゴルの酷吏石泰峰と、新疆とチベットを破壊した陳奎遠と陳建国を再任したのは、中国の少数民族を消滅させ、皇帝として天下統一の夢を極限まで実現しようとする習近平の姿を予め示したと指摘した。これは、中共の支配下にあるすべての人々にとって、大きな災難となるだろう。

テキスト版:元内モンゴル自治区党書記石泰峰が中共国社会科学院院長に就任

編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 煙火1095
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 /Calvin