翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / cyberant(文蒙)

5月5日、在中国欧州連合商会のウェブサイトに掲載された記事によると、中国共産党の厳しい「ゼロコロナ政策」によるサプライチェーン停滞のため、中国にある欧州企業は2022年の収益予測を下方修正し、さらに多くの企業が投資を他国へ移す予定であることが明らかになった。

欧州連合商会が今週木曜日に発表した報告書によると、中国都市で実施されたロックダウンによる事業経営に対する大きな不確定性から、調査対象企業の23%が中国での既存または計画中の投資を他の市場に移すことを検討しており、この結果は、2022年初めに同様の考えを持つ企業の数の倍以上になり、過去10年間で最も高い数値となった。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / MAMORU
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / eiei